SEARCH

「ヘッドスピード」の検索結果31件

  • 2020年4月26日
  • 2020年5月19日

アンギュラーモーション

アーリーリリースとアンギュラーモーション  アベレージゴルファーの多くにみられる現象として『アーリーリリース』があります。ダウンスイング初期でコックがほどけてしまい、ヘッドスピードが落ちてしまいます。  これを直す最適な練習器具は『アンギュラーモーシ […]

  • 2018年8月10日
  • 2020年5月1日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.130】関節形成術後のゴルフ復帰に関するレビュー

エビデンス 『大部分の患者が肩、股、膝の全置換術を含む関節形成術後のゴルフ復帰に関して、疼痛やゴルフ特有のアウトカムの改善を伴って復帰可能。』 研究グループ Papaliodis et al.2016 人工関節  理学療法士兼パーソナルトレーナーとい […]

  • 2018年3月27日
  • 2020年5月1日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.119】プロとアマの円回内筋の違い

エビデンス 『プロはアマと比較して加速期に左の円回内筋の活動が高く、右の円回内筋の活動が低い。』 研究グループ Farber et al.2009 円回内筋  円回内筋は前腕(肘から下)にある筋肉で、左手の場合、ドアノブを時計回しに回す運動(回内運動 […]

  • 2018年1月23日
  • 2020年5月1日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.102】スリークォーターショット体得による腰痛軽減

エビデンス 『テイクバックの小さくしたスイングはフルスイングに比べ、脊椎圧縮力を減らすことができる。』 研究グループ Dale et al.2016 オーバースイング  初心者の多くにみられるゴルフスイングのパターンとしてオーバースイングがあります。 […]

  • 2017年10月3日
  • 2020年5月3日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.75】スクワットジャンプとヘッドスピードの関係

エビデンス 『プロゴルファーにおいて、スクワットジャンプと座った状態でのメディシンボールスローはヘッドスピードと高い相関がある。』 研究グループ Turner.2016 プロだけでなく全てのゴルファーに  プロゴルファーを対象にした研究ですが、フィジ […]

  • 2017年7月25日
  • 2020年5月5日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.63】クランチファクターとヘッドスピードと打ち出し角度

エビデンス 『より速いヘッドスピードとより低い打ち出し角度は下位体幹の側屈角度(クランチファクター)の減少と関係。』 研究グループ Joyce et al.2016 ゴルフスイングの脊柱の運動  ゴルフスイングの難しいところは身体全身を使ってクラブを […]

  • 2017年7月21日
  • 2020年5月5日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.62】ヴェサリウス骨による足の外側の痛み

エビデンス 『第5中足骨底付近にまれにみられる種子骨(ヴェサリウス骨)は症候性のものがあり、摘出により良好な回復が得られた。』 研究グループ Petrera et al.2013 腱の中にある種子骨  足が痛いというと通風や疲労骨折が有名なのですが、 […]

  • 2017年4月20日
  • 2020年5月8日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.48】女性ゴルファーと握力の関係

エビデンス 『低ハンディキャップ女性ゴルファーにおいて、左の握力とヘッドスピードが相関』 研究グループ Brown et al.2011 握力は全身の筋力を反映する  一般的に、握力は全身の筋力を反映すると言われます。握力とヘッドスピードに相関があっ […]

  • 2017年4月2日
  • 2020年5月8日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.46】ボール初速が遅い人と速い人の違い

エビデンス 『ボール初速の差はフェイスのインパクトポイントと各関節の角速度』 研究グループ Healy et al.2011 ボール初速は飛距離の三要素のひとつ  飛距離の三要素のひとつであるボール初速ですが、当然速い方がよく飛びます。初心者の方は上 […]

>ゴルフトレーニングのことならRIPS!!にお任せください。

ゴルフトレーニングのことならRIPS!!にお任せください。

科学的根拠に基づいたゴルフトレーニングの実践は是非『一宮市のストレッチ専門店RIPS!!』へお越しください。ライバルにばれずにこっそりフィジカルパフォーマンスを高めてスコアアップを目指しましょう。

CTR IMG