TAG

ゴルフスイング

  • 2020年4月26日
  • 2020年5月19日

アンギュラーモーション

アーリーリリースとアンギュラーモーション  アベレージゴルファーの多くにみられる現象として『アーリーリリース』があります。ダウンスイング初期でコックがほどけてしまい、ヘッドスピードが落ちてしまいます。  これを直す最適な練習器具は『アンギュラーモーシ […]

  • 2019年6月6日
  • 2020年5月1日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.145】膝関節の変形の程度と体幹の代償

エビデンス 『変形性膝関節症の程度により、歩行中の体幹側屈角度が異なる。』 研究グループ Hunt et al.2010 変形性膝関節症 前回に引き続き、変形性膝関節症の研究です。ゴルファーも膝関節には捻転の力が加わりますので、長くゴルフを楽しむため […]

  • 2018年1月23日
  • 2020年5月1日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.102】スリークォーターショット体得による腰痛軽減

エビデンス 『テイクバックの小さくしたスイングはフルスイングに比べ、脊椎圧縮力を減らすことができる。』 研究グループ Dale et al.2016 オーバースイング  初心者の多くにみられるゴルフスイングのパターンとしてオーバースイングがあります。 […]

  • 2017年12月22日
  • 2020年5月1日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.93】人工股関節全置換術後のゴルフ復帰

エビデンス 『人工股関節全置換術後のゴルフスイングで骨頭部分の偏位や過度の回旋が起こることはないが、ライナー部とネック部の接触が起こる可能性がある。』 研究グループ Hara et al.2016 人工股関節全置換術  人工股関節全置換術は高齢者が転 […]

  • 2017年10月3日
  • 2020年5月3日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.75】スクワットジャンプとヘッドスピードの関係

エビデンス 『プロゴルファーにおいて、スクワットジャンプと座った状態でのメディシンボールスローはヘッドスピードと高い相関がある。』 研究グループ Turner.2016 プロだけでなく全てのゴルファーに  プロゴルファーを対象にした研究ですが、フィジ […]

  • 2017年8月8日
  • 2020年5月5日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.65】ダウンスイングにおける股関節と体幹の回旋

エビデンス 『左股関節の回旋がダウンスイング初期であるのに対し、体幹の回旋はダウンスイング終盤である。』 研究グループ Mun et al.2015 左股関節と体幹の捻転差  前回と同様にX-factorについて、股関節と体幹の回旋についての報告です […]

  • 2017年7月25日
  • 2020年5月5日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.63】クランチファクターとヘッドスピードと打ち出し角度

エビデンス 『より速いヘッドスピードとより低い打ち出し角度は下位体幹の側屈角度(クランチファクター)の減少と関係。』 研究グループ Joyce et al.2016 ゴルフスイングの脊柱の運動  ゴルフスイングの難しいところは身体全身を使ってクラブを […]

  • 2017年6月27日
  • 2020年5月6日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.58】ゴルフスイングにおける筋活動のレビュー

エビデンス 『ダウンスイング初期において右の脊柱起立筋、両側の大胸筋、肩甲下筋、広背筋が高い活動を示し、前腕屈筋群は随意的な収縮よりも高い活動。』 研究グループ Marta et al.2012 ゴルフスイング中の筋活動  ゴルフスイング中にどの筋肉 […]

  • 2017年5月2日
  • 2020年5月8日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.50】ダウンスイングにおける股関節の運動

エビデンス 『ダウンスイングにおける左側の股関節の回旋で腰部が回旋するが、右側の股関節は腰部の回旋とほぼ同じ動き。』 研究グループ Mun et al.2015 リード側とトレイル側  ゴルフスイングにおいては、右利きゴルファーの場合、左側がリード側 […]

>ゴルフトレーニングのことならRIPS!!にお任せください。

ゴルフトレーニングのことならRIPS!!にお任せください。

科学的根拠に基づいたゴルフトレーニングの実践は是非『一宮市のストレッチ専門店RIPS!!』へお越しください。ライバルにばれずにこっそりフィジカルパフォーマンスを高めてスコアアップを目指しましょう。

CTR IMG