【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.25】8週間のトレーニング効果


8週間のトレーニングで体幹回旋筋力、股関節外転筋力、肩関節柔軟性、体幹回旋柔軟性、股関節柔軟性、体幹回旋速度ヘッドスピードボールスピード飛距離の増大。』
Lephart et al.2007

《中村の解釈》
8週間で結果を出せるというのはすごい!
しかもこの文献の被験者は15名でハンディキャップが12.1±6.4らしいのですが、そこそこの上級者ということになります。

自分もそれぐらいですが、まだまだ伸びるはずですね(笑)

前半の5つ(体幹回旋筋力、股関節外転筋力、肩関節柔軟性、体幹回旋柔軟性、股関節柔軟性)に関してはフィジカルの要素で、後半の4つ(体幹回旋速度、ヘッドスピード、ボールスピード、飛距離の増大)に関してはゴルフパフォーマンスの要素です。

つまり、フィジカルの要素を鍛えることで、ゴルフパフォーマンスが改善するということです。

  • 体幹回旋筋力:外腹斜筋、内腹斜筋、広背筋のトレーニング
  • 股関節外転筋力:中殿筋のトレーニング
  • 肩関節柔軟性:三角筋、大胸筋、僧帽筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋、広背筋のストレッチ
  • 体幹回旋柔軟性:外腹斜筋、内腹斜筋、広背筋、腰方形筋のストレッチ
  • 股関節柔軟性:腸腰筋、大殿筋、中殿筋、大内転筋、長内転筋のストレッチ
トレーニングメニューは一般的なストレッチ、チューブトレーニング、バランストレーニングのようです。
RIPS!!でも取り入れて、しっかり結果を出せるように頑張ります。

ゴルフトレーニングの科学的根拠一覧

最新のメルマガをご希望の方はこちらからご登録をお願いいたします(*^^)v
http://mail.os7.biz/m/cg7D

ブログランキングに参加しています。
ポチっとgoodをお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ

ゴルフコンディショニング動画はこちらをご覧ください↓