【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.9】骨盤の回旋速度


『高ハンディキャップゴルファーに比較して低ハンディキャップゴルファーは
大殿筋と中殿筋筋力が強く、骨盤回旋速度が速い。』
Callaway et al.2012


《中村の解釈》

この研究では下手な人に比べると

上手な人は骨盤回旋速度が速いということですが、

上手な人はハンディキャップが5以下という選択基準でした。

そうとうな上級者ですね(笑)

中殿筋と大殿筋は股関節から下の脚の部分を

外に広げたり(外転)外に回旋させたり(外旋)する筋肉ですが、

脚を床面に固定すれば逆に骨盤が回旋します。

骨盤を左に回旋させたければ右の筋肉を、

右に回旋させたければ左の筋肉を鍛えます。

ただし、左右のバランスが重要ですので

結局のところ左右両側を鍛えましょう(笑)

鍛え方のお勧めはスイングスタビライズサイドステップです。

スイングスタビライズはこちら↓
http://golf-anatomy.com/stabilization/swing_stabilize/

サイドステップはこちら↓
http://golf-anatomy.com/stabilization/sidestep_toetouch/

ゴルフトレーニングの科学的根拠一覧

最新のメルマガをご希望の方はこちらからご登録をお願いいたします(*^^)v
http://mail.os7.biz/m/cg7D

ブログランキングに参加しています。
ポチっとgoodをお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ

ゴルフコンディショニング動画はこちらをご覧ください↓