TAG

ヘッドスピード

  • 2018年3月27日
  • 2020年5月1日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.119】プロとアマの円回内筋の違い

エビデンス 『プロはアマと比較して加速期に左の円回内筋の活動が高く、右の円回内筋の活動が低い。』 研究グループ Farber et al.2009 円回内筋  円回内筋は前腕(肘から下)にある筋肉で、左手の場合、ドアノブを時計回しに回す運動(回内運動 […]

  • 2017年10月3日
  • 2020年5月3日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.75】スクワットジャンプとヘッドスピードの関係

エビデンス 『プロゴルファーにおいて、スクワットジャンプと座った状態でのメディシンボールスローはヘッドスピードと高い相関がある。』 研究グループ Turner.2016 プロだけでなく全てのゴルファーに  プロゴルファーを対象にした研究ですが、フィジ […]

  • 2017年8月8日
  • 2020年5月5日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.65】ダウンスイングにおける股関節と体幹の回旋

エビデンス 『左股関節の回旋がダウンスイング初期であるのに対し、体幹の回旋はダウンスイング終盤である。』 研究グループ Mun et al.2015 左股関節と体幹の捻転差  前回と同様にX-factorについて、股関節と体幹の回旋についての報告です […]

  • 2017年7月25日
  • 2020年5月5日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.63】クランチファクターとヘッドスピードと打ち出し角度

エビデンス 『より速いヘッドスピードとより低い打ち出し角度は下位体幹の側屈角度(クランチファクター)の減少と関係。』 研究グループ Joyce et al.2016 ゴルフスイングの脊柱の運動  ゴルフスイングの難しいところは身体全身を使ってクラブを […]

  • 2017年4月20日
  • 2020年5月8日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.48】女性ゴルファーと握力の関係

エビデンス 『低ハンディキャップ女性ゴルファーにおいて、左の握力とヘッドスピードが相関』 研究グループ Brown et al.2011 握力は全身の筋力を反映する  一般的に、握力は全身の筋力を反映すると言われます。握力とヘッドスピードに相関があっ […]

  • 2017年1月3日
  • 2020年5月18日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.28】ハンディキャップとヘッドスピードの関係

エビデンス 『ハンディキャップとヘッドスピードは有意に相関する。』 研究グループ Fradkin et al.2004 ハンディキャップとヘッドスピード  この見解を聞くと、ついついマン振りしてしまいますね。ハンディキャップとヘッドスピードに相関があ […]

  • 2016年12月30日
  • 2020年5月14日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.26】コンプレッションウェアの効果

エビデンス 『統計学的な有意差はみられなかったが、コンプレッションウェアの着用はスイング中の体幹回旋をわずかに制限し、クラブスピードがわずかに速くなる傾向にあった。』 研究グループ Song et al.2015 コンプレッションウェア  寒い日のラ […]

  • 2016年12月27日
  • 2020年5月14日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.24】熟練した低ハンディキャップゴルファーのパフォーマンス

エビデンス 『熟練した低ハンディキャップゴルファーはヘッドスピードが速く、打ち出し角度が高く、ボールスピードのばらつきが小さく、体幹回旋速度が速い。』 研究グループ Watanabe et al.1998 熟練者のゴルフパフォーマンス  飛距離の三要 […]

  • 2016年6月14日
  • 2020年5月17日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.10】手首の負担とアーリーリリース

エビデンス 『初心者ゴルファーの多くはダウンスイング初期にコックをリリースし、力やコントロールを損失するだけでなく、尺側手根伸筋に負担をかける』 研究グループ Murray et al.1996 アーリーリリース  アーリーリリースは多くの方にみられ […]

>ゴルフトレーニングのことならRIPS!!にお任せください。

ゴルフトレーニングのことならRIPS!!にお任せください。

科学的根拠に基づいたゴルフトレーニングの実践は是非『一宮市のストレッチ専門店RIPS!!』へお越しください。ライバルにばれずにこっそりフィジカルパフォーマンスを高めてスコアアップを目指しましょう。

CTR IMG