【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.5】年間傷害発生率


『ゴルファーにおける年間傷害発生率は
1位腰痛(18.3%)、2位肘関節(17.2%)、3位足関節、足部
(12.9%)』
McHardy et al. 2007


《中村の解釈》

腰痛が1位で2位がというのは想像できますね。

ただ肩関節より足部の方が多いなんて。。。

といいつつ、自分も一昨年あたりにラウンド中に捻挫していました(笑)

自分の場合は階段の踏み外しなのでゴルフとはあまり関係ありませんが、

実際ゴルフにとって足関節の使い方は軸ブレ対策に重要です。

以前、ブログにも書いたことがあるので興味のある方は是非↓
http://ameblo.jp/ptgolfer/theme11-10065321771.html

ゴルフトレーニングの科学的根拠一覧

最新のメルマガをご希望の方はこちらからご登録をお願いいたします(*^^)v
http://mail.os7.biz/m/cg7D

ブログランキングに参加しています。
ポチっとgoodをお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ

ゴルフコンディショニング動画はこちらをご覧ください↓