【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.41】下肢の筋活動


『ピッチングに比較し4番アイアンでより下肢筋筋活動が高い。』
Marta et al.2015

《中村の解釈》

下肢筋というのは脚の筋肉のことです。
筋活動はその名の通り筋肉の活動ですが、筋肉が働くときに出力される電気信号を読み取ったものです。
ゴルフにおいて、下肢の筋肉は床面の反力を体幹部に伝えるために非常に重要です。
特に左下肢の筋活動は結果に大きく影響を及ぼします。

今回の研究ではピッチングウェッジより4番アイアンの方が筋肉の活動が高かったということでした。
長いクラブの方がモーメントが大きくなる分、より筋力が必要なのは当然のことですね。
極端にいえば、物干し竿ぐらい長い物を振れば身体を固定する脚の力はもっと必要になるでしょう。

軸がブレないためにも下肢の筋力は相当必要です。
そしてどの筋肉をどのタイミングで働かすかも重要な要素だと思います。

これにはバランス能力が関係していて、例えば左の方に倒れそうになると右脚が勝手に浮いて外に開きます。
左に体幹部分や頭が移動したために重心が左に寄り、その重心を中心に維持させるために右脚が外に開くのです。
これをカウンタームーブメントといいます。

一方、実際に右脚が動かなかったとしても、右の脇腹の筋肉や左脚の内側の筋肉が働いて倒れるのを防ぐこともできます。
筋肉は働いているのに実際の動きには表れないパターンです。
これをカウンターアクティビティといいます。

スイング中、脚の筋肉はこのカウンターアクティビティを上手く使うことで軸ブレを防いでいるといえます。
特に遠心力が強く働くダウンスイングからフォロースルーにかけてはこの能力は重要といえます。
バランストレーニングやスクワットジャンプが効果的と考えられます。

兎にも角にも脚の筋肉は非常に重要です。
しっかり鍛えましょう(*^^)v

ゴルフトレーニングの科学的根拠一覧

最新のメルマガをご希望の方はこちらからご登録をお願いいたします(*^^)v
http://mail.os7.biz/m/cg7D

ブログランキングに参加しています。
ポチっとgoodをお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ

ゴルフコンディショニング動画はこちらをご覧ください↓