【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.2】アドレス時の前傾角度


『健常群、腰痛群ともアドレス時は体幹約10°右側屈位であるが、
腰痛群は健常群に比べ屈曲が約10°大きい。』
Lindsay et al.2002


≪中村の解釈≫
アドレス時に体幹がやや右に傾くのは右手が左手よりも下にあるから当然ですね。
腰痛のある方が健常者に比べて屈曲(体幹の前屈角度)が大きい・・・

前屈角度が大きくなれば、当然、重力による背中の負担が大きくなることから考えられます。
背中を支える脊柱起立筋が強く収縮し、腰が反りやすく、
腰椎(腰の骨)や椎間関節(腰の骨の関節)にかかる負担が高まります。
これも当然といえば当然です。

アドレス時の前傾角度はミート率とも関係してくるため
後方から動画や写真を撮ってチェックしましょう。

ゴルフトレーニングの科学的根拠一覧

最新のメルマガをご希望の方はこちらからご登録をお願いいたします(*^^)v
http://mail.os7.biz/m/cg7D

ブログランキングに参加しています。
ポチっとgoodをお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ

ゴルフコンディショニング動画はこちらをご覧ください↓