【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.1】X-factorの重要性



エビデンス




x-factorの大きさによりボールスピードと飛距離が増加する』




研究グループ




Kostis et al.2006




X-factorとは




 ゴルフスイングにおけるX-factorとは 『骨盤と胸郭の捻転差』 のことです。プロのスイングをみると、骨盤がしっかり回って、その後に胸が回ってくるような印象があるかと思います。一方、初心者の方はちょっとロボットのような固いイメージのスイングになってしまいます。プロとアマチュアの大きな違いはこのX-factorの大きさにあります。




X-factorはとっても重要




 今回の研究ではX-factorの大きさによりボールスピードと飛距離が増大するということでした。しっかり捻転ができる人はより遠くまで飛ばすことができます。また、捻転差がある程インパクトにゆとりができるため、ミート率も高まります。当然ミスショットも減らすことができます。X-factorはもちろん体幹回旋の可動域の話になりますが、身体が柔軟な方でもX-factorを上手く出せない方が多いです。これには筋力とスイング技術が必要となります。




X-factorを増大させる柔軟性と筋力




 体幹回旋のストレッチは脚を開いて膝の上に手を置き、肘を突っ張らせて左右に回旋する方法が効果的です。野球のイチロー選手が良くやっていたストレッチですね。また体幹側屈も必要になります。ラジオ体操で体を横に倒す体操がありますが、そのポーズで10秒ぐらい伸ばすのが良いでしょう。体幹筋力に関しては、まずはお腹を凹ませるドローイン、身体を捻じる外腹斜筋と広背筋の筋トレが重要となります。