【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.16】ゴルファーのテニス肘



エビデンス




外側上顆の損傷オーバーユースによる。』




研究グループ




Stockardl.2001




ゴルフ肘より多いテニス肘




 ゴルファーにとってゴルフ肘よりもテニス肘の方が多いことは以前に紹介しました。ゴルフ肘は肘の内側の痛み、テニス肘は肘の外側の痛みのことを言います。




テニス肘は外側上顆炎




 外側上顆というのは肘の外側の出っ張りで、指を伸ばしたり手首を反らしたりする筋肉群が付着する部位です。オーバーユースとは使い過ぎのことです。過度に使うと炎症を起こすわけです。




ストレッチで予防しましょう




大好きなゴルフもほどほどにということですね。また予防法としては、休みを入れることはもちろんですが、前腕伸筋群のストレッチも重要です。肘痛予防のストレッチはこちらで紹介しています。




http://rips-ip.com/category/blog/10065321771/page/13/