【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.97】サプリメントの効果



エビデンス




『30日間のクレアチンモノハイドレード、アラビカコーヒーエキス、カルシウム、ビタミンD摂取によりドライバー飛距離の最大飛距離が増大。』




研究グループ




Ziegenfuss et al.2015




栄養補助食品




 栄養補助食品はあくまでも補助的な物ですので、通常の食事でバランスの良く栄養が取れている方には無縁だと思います。一方、代謝異常などの疾患がある方はドクターの処方するサプリメントが必要です。健康的な身体がゴルフパフォーマンスと関係しているのは間違いありませんが、あくまでも栄養のバランスが重要となります。




ドライバー飛距離に効果




 今回の研究ではクレアチンモノハイドレード、アラビカコーヒーエキス、カルシウム、ビタミンD摂取によりドライバー飛距離の最大飛距離が増大したということでした。それぞれどういうものか簡単に紹介いたします。




クレアチンモノハイドレード




 クレアチンモノハイドレードは単純にクレアチンです。筋肉に貯蔵されていてエネルギーであるATPを合成する際に活躍します。筋肉の収縮や弛緩にはATPが必要ですので、アスリートなど筋肉を酷使する方は不足させるわけにはいきません。豚肉や牛肉などに多く含まれます。




アラビカコーヒーエキス




 アラビカコーヒーエキスはアラビカコーヒーという一般的なコーヒー豆からとれるエキスのことです。コーヒーに含まれるクロロゲン酸というものが脂肪燃焼などの効果があるということです。ちなみに、今回の被験者のコレステロール値は変化がみられませんでした。




カルシウム




 カルシウムはよくご存知だと思いますが、骨の強度や筋肉の収縮に関係する栄養素で、牛乳や小魚に多く含まれます。そしてビタミンDはそのカルシウムの吸収を助けたり、排せつを妨げたりして、体内のカルシウム濃度を維持します。ビタミンDは魚類に多く含まれます。




過剰摂取はNG




 過剰摂取は当然のように問題がありますので、なるべく通常の食事で管理できると良いかと思います。これらのサプリメントは特に変わった栄養素というわけではありません。ちなみに、ドライバーの飛距離だけならストレッチだけでも伸ばせます。健康的な身体づくりをすることによって、ゴルフの結果も次第に良くなるはずです。