CATEGORY

ゴルフの科学的根拠

ゴルフトレーニング、ゴルフコンディショニングに関する科学的根拠を紹介します。

  • 2020年9月15日
  • 2020年9月24日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.151】スクワットジャンプとシッティングボールスロー

エビデンス 『スクワットジャンプとシッティングボールスローはヘッドスピードと相関あり』 研究グループ Read et al.2013 スクワットジャンプとは  スクワットジャンプとはしゃがみ込んだ状態から垂直跳びをするエクササイズです。今回の研究では […]

  • 2020年7月12日
  • 2020年7月12日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.149】カウンタームーブメントジャンプの効果

エビデンス 『カウンタームーブメントジャンプ後にヘッドスピードが増大。』 研究グループ Read et al.2013 スクワットジャンプとカウンタームーブメントジャンプ  カウンタームーブメントジャンプはよくスクワットジャンプと比較されるので、まず […]

  • 2020年6月26日
  • 2020年6月26日

アウターユニット深縦筋群を鍛える上下肢対角挙上

解説  体幹には機能的にインナーユニットとアウターユニットの2種類の筋肉群があります。インナーユニットはいわゆるコアマッスルで、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群、横隔膜の総称で、体幹の安定性に貢献しています。一方、アウターユニットはさらに後斜筋群、前斜筋群 […]

  • 2019年5月10日
  • 2020年5月1日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.142】上級者とアベレージゴルファーの下肢の筋活動

エビデンス 『上級者はアベレージゴルファーに比較して下肢の一部の筋活動が高く、特に左側が高い。』 研究グループ Marta et al.2016 左足の踏み込み  今回の研究では、ハンディキャップの少ない上級者はハンディキャップの多いアベレージゴルフ […]

  • 2019年5月8日
  • 2020年5月1日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.141】変形性膝関節症に対する大腿四頭筋訓練の効果

エビデンス 『 内反変形をした変形性膝関節症に対する大腿四頭筋訓練は疼痛軽減が得られにくい。 』 研究グループ Lim et al.2008 変形性膝関節症について  年齢とともに膝関節が痛くなる変形性膝関節症は非常に一般的な疾患です。特に女性で、過 […]

  • 2019年1月28日
  • 2020年5月1日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.137】足関節捻挫とバランス能力の関係

エビデンス 『高校生アスリートに対しバランストレーニングにより足関節捻挫のリスクを軽減。』 研究グループ McGuine.2006 バランストレーニング  今回の研究は高校生アスリート(サッカー、バスケット)に対するものですが、バランストレーニングに […]

  • 2018年11月1日
  • 2020年5月1日

【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.136】変形性股関節症を呈するゴルファーのケース

エビデンス 『変形性股関節症を呈するゴルファーに対して保存療法が有効。』 研究グループ Howell.2012 変形性股関節症について   変形性股関節症は生まれつき骨盤にある股関節の受け皿が浅い方に多く、小さい頃に脱臼をしたことがある方、または脱臼 […]

>ゴルフトレーニングのことならRIPS!!にお任せください。

ゴルフトレーニングのことならRIPS!!にお任せください。

科学的根拠に基づいたゴルフトレーニングの実践は是非『一宮市のストレッチ専門店RIPS!!』へお越しください。ライバルにばれずにこっそりフィジカルパフォーマンスを高めてスコアアップを目指しましょう。

CTR IMG