オススメのゴルフアイテム/トレーニンググッズ



ニコンクールショットプロスタビライズド




 2019年にゴルフルールは大幅に変更されました。中でも測距が可能になったことは多くのゴルファーのスコアアップにつながる改正だと思います。ただし、これまでに測距グッズを使ったことがない方は何を買えばいいのか迷うはずです。そこで、何人かのプロゴルファーや学生ゴルファー、研修生にお聞きしてオススメの測距グッズを教えて頂いたのでこちらで紹介いたします。ポイントはやはり手ぶれ補正ということでした。私も何度も手ぶれによって測り間違いをしたことがあります。特にグリーン上の旗竿とグリーン奥にある木が重なる場合は要注意です。 50ヤードも差があれば感覚的に気づくのですが、 20ヤードぐらいしか差がないと大きなミスにつながります。こちらのニコンクールショットプロスタビライズドなら、測距のミスを最小限に抑えられること間違いなしでしょう。




(画像をクリックすると楽天ショップでグッズの詳細な説明がみれます。)








ユピテル ゴルフYGN6200




 GPSを利用した方法もオススメです。最近は多くのゴルフ場でカートにGPSが装着されています。もちろんグリーンエッジやグリーンセンター(ゴルフ場によってはカップ)にもGPSが埋め込まれており、正確な水平距離が分かります。ただしこれはあくまでもカートからの距離ということになります。そこで、今自分がいる地点からグリーンエッジやグリーンセンターまでの距離を測ってくれるユピテルのゴルフYGN6200がとても便利です。なんと、バンカーや池などのハザードまでの距離とハザードを越えるための距離まで分かります。




(画像をクリックすると楽天ショップでグッズの詳細な説明がみれます。)








ユピテル GST-5GL




 ゴルフスイングの練習に欠かせないものが、ミート率を計測できるアイテムです。なぜなら、いくらスイングが美しくても芯を外せば飛距離も方向も、縦横の回転数さえもばらつきが生じてしまい、狙ったところに打てないからです。ミート率が高いということは芯に近いところで打てている証拠であり、ゴルフが上達していることを意味しています。おすすめはユピテルのGST-5GLです。ヘッドスピードとボール初速をセンサーで実測してミート率を算出します。ユピテルは日本を代表する無線通信機器メーカーで、センサーの信頼度は抜群です。




(画像をクリックすると楽天ショップでグッズの詳細な説明がみれます。)








ストレッチポール




 ゴルファーに必要なトレーニングは、理学療法の分野でも注目されている荷重伝達機能を鍛えるトレーニングです。単にウェイトトレーニングをして筋力を増大させても、ゴルフスイング特有の軸を作ることはできません。ゴルフスイングの軸を作るには重心コントロール、バランス能力、床反力、下半身の筋力、股関節の柔軟性、体幹の筋力と柔軟性、肩甲骨周囲筋の筋力と柔軟性など、様々な要素を求められます。中でも体幹の深部筋(コアマッスル)の強化は必要不可欠です。強化といっても筋トレをするわけではありません。脊柱のアライメントを正すことでコアマッスルを使いやすくすることが重要です。そのためにこのストレッチポールが有効です。




(画像をクリックすると楽天ショップでグッズの詳細な説明がみれます。)








バランスディスク




 ゴルフトレーニングとしては基本的には自重トレーニングを推奨しておりますが、RIPS!!の動画でも使用しているいくつかのトレーニンググッズはなくてはならない必須のアイテムと言えます。特にバランスディスクは体幹トレーニングの定番となっており、安価で効果の高いアイテムです。




(画像をクリックすると楽天ショップでグッズの詳細な説明がみれます。)








バランスボール




 バランスボールもまた体幹を強化させるのに必須のアイテムです。ゴルフは体幹のスポーツとも言われておりますが、体幹自体の分節性や筋力を強化するだけでなく、腕や脚と体幹の連動性を学習して強化させる必要があります。そこでバランスボールを用いることをオススメします。通常の自重トレーニングに不安定な要素が加わることで、腕や脚と体幹の連動性が学習できます。




(画像をクリックすると楽天ショップでグッズの詳細な説明がみれます。)