ストレッチポール




歪みのないスイング軸で、さらに飛ばせ!


体幹強化の前に、正しい姿勢、歪みのない姿勢を確保することで、効率的にからだを使った合理的なスイングを可能にし、さらには腰痛、関節痛などのリスクを軽減することが可能になります。

そこで、私がゴルファーのみなさんに絶対にオススメしたいツールが、このストレッチポールです。
この上でリラックスしながら簡単なエクササイズを行うことで、からだの軸まわりの筋肉や関節を緊張から解放させることができ、ヒトの背骨本来のS字カーブを取戻し、歪みのない整った姿勢、スイング軸をつくります。

使い方はいたって簡単。
1日5分ほど使うだけで効果を実感することができます。
もちろん自宅で使えるから、わざわざ整体やマッサージに行く必要もありません。
メーカー推奨のエクササイズDVDも付属しているので、
届いたその日からすぐに使うことができます。

セッティング


縫い目が横になるようにセッティングします。
(背中や床に縫い目が当たると転がした際にゴトゴトします)
キャップ側に座り、手で支えながら寝ころびます。
後頭部から仙骨(一般的に言われる尾てい骨)が真っすぐになるようにします。

基本姿勢&ゆらゆら運動


最初はグラグラして力が入ってしまいますが、リラックスをすることが大事ですので、慣れるまで少し大き目に呼吸をしましょう。
これで基本姿勢が完成です。

慣れたら左右にポールを転がしてみてください。
落ちないように小さな揺れで十分です。

股関節回旋運動


基本姿勢に戻して股関節の運動に移ります。
右脚だけを伸ばし、ダランと力を抜きます。
次にギュッとつま先を内側に向けます。
次にまたダランと力を抜きます。
これを10回繰り返します。

慣れたら細かくブラブラ動かします。
基本姿勢に戻り、左脚も同様に行います。

脚回し運動


また、右脚をダランと伸ばします。
そしてつま先を内側へ。
ここまでは同じです。
今度はそのまま膝を曲げます。
かかとは床面を滑らせるようにします。
そして膝を外側にパタンと倒します。
そこから力を抜いてかかとを滑らせながら膝を伸ばします。
これを5回繰り返し、左も同様に行います。

深呼吸&腕上下運動


次は胸郭の運動です。
息を吸いながら、両腕を浮かさずに90°ぐらいまで拡げます。
腕の付け根の辺りに伸びる感覚があります。
今度は息を吐きながら元に戻します。
これをゆっくり5回繰り返します。

ピンポン玉転がし運動


次はこのポジションで手で円を描きます。
床から手は浮かせずに『の』の字を描くようにします。
はじめは大きく10回、最後に細かく10回繰り返しましょう。

前へならえ運動


次に天井に向かって手を突き上げます。
1秒くらい保持したらストンと落とします。
肩甲骨でポールを挟むようなイメージです。
これも5回繰り返します。

肩回旋運動


次は両肘を90°に拡げ、親指を立てます。
そして頭の方へ倒します。
はじめは肘が床につかないかもしれませんが、
無理をしないように、浮かせたままで構いません。
胸や腕の付け根が伸びていればOKです。
5秒ぐらい伸ばしたら次は小指を床につけるようにします。
これを5回繰り返します。

両腕同時の運動が終わったら、今度は上下が互い違いになるように行います。

おりる


ポールから降りる時はお尻からズルズルと床に滑らせます。
お尻が床に着いてから頭側もズルズルと降りましょう。

ご不明な点などありましたら、お気軽にRIPS!!までお問い合わせください。

ストレッチポールは正規代理店で販売されています。
ご購入はRIPS!!監修の体幹トレーニング専門店へ

体幹トレーニング専門店