【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.12】肩峰下インピンジメント


『肩痛を有するゴルファーに肩峰下インピンジメント
後方不安定性が一般によくみられる。』
Hovis et al.2002


《中村の解釈》

昨日に続き肩関節について。

肩峰下インピンジメントとは

肩甲骨の屋根の部分と上腕骨の頭の部分が

近づくことで間にある組織が挟まれることをいいます。

後方不安定性

肩甲骨に対して上腕骨の頭の部分が

後方(背中側)に動きやすいということです。

自分のクライアント様はどちらかというと後方が硬い人が多いのですが、

肩甲骨周囲のストレッチがこの問題を解決してくれるかもしれません。

肩甲骨の可動性が少ないと、その分肩関節の動きが必要になります。

ゴルフスイングではそれほど肩の屈曲運動(前方からの挙上)は必要なく

回旋運動(腕を内側や外側へ捻じる運動)が重要となります。

一方、肩甲骨に関しては目一杯の可動域が必要ですね(*^^)v

ゴルフトレーニングの科学的根拠一覧

最新のメルマガをご希望の方はこちらからご登録をお願いいたします(*^^)v
http://mail.os7.biz/m/cg7D

ブログランキングに参加しています。
ポチっとgoodをお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ

ゴルフコンディショニング動画はこちらをご覧ください↓