【ゴルフトレーニングの科学的根拠No.75】スクワットジャンプとヘッドスピード


『プロゴルファーにおいて、スクワットジャンプと座った状態でのメディシンボールスローはヘッドスピードと高い相関がある。』
Turner.2016

《中村の解釈》
プロゴルファーを対象にした研究ですが、フィジカルパフォーマンスの向上がヘッドスピードに関係があることは当然のことと言えますから、この見解はアマチュアの方も是非参考にしてください。
研究のサンプルとしてプロがリクルートされたのはスイングが完成されていて伸びしろが少ないことと、ある程度一定のスイングをしているからだと思います。
アマチュアのスイングは色々なパターンがあって均一のサンプルになりにくく、フィジカルパフォーマンスのデータがスイングに反映されない可能性があります。
しっかり体幹を使ったスイングでヘッドスピードを計測しなければなりません。

さて、今回の研究ではスクワットジャンプとヘッドスピードに高い相関があったとのことでした。
高く跳ぶことができるほど、メディシンボールを遠くまで投げられるほど、クラブを速く振れるということです。
そして、30歳より若いゴルファーはスクワットジャンプの方がメディシンボールスローよりも相関が高く、30歳より上のゴルファーはメディシンボールスローの方がスクワットジャンプよりも相関の値が高かったとのことです。

ここから、若いゴルファーの方が脚を上手く使えているという見解でした。
30オーバーは上半身で飛ばしていると。。。
垂直跳びの全盛期は10代後半から20代前半ですので、年齢で振り方が変わってくるのは仕方がないかもしれませんね。

それでもトレーニングによっては垂直跳びの値も改善が可能です。
バネを活かしたスイングを維持するにはトレーニングが必要となります。
毎日コツコツと頑張りましょう。

ゴルフトレーニングの科学的根拠一覧

最新のメルマガをご希望の方はこちらからご登録をお願いいたします(*^^)v
http://mail.os7.biz/m/cg7D

ブログランキングに参加しています。
ポチっとgoodをお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ

ゴルフコンディショニング動画はこちらをご覧ください↓