逆持ちスイングを理学療法士なりに解説。。。


RIPS!!でのスイング練習を少し紹介しますpeace

これはクラブを逆に持っての素振りですごるふ

何種類かあるのですがそのうちのひとつキラキラ

トップで止めて体幹の回旋で振る練習ですごるふ




さて、この逆持ちのスイング練習ですが

狙いはスイングの形を覚えることですakn

なぜ逆なのか・・・顔文字

通常に持った場合と比較すると

とっても軽く感じますわーい

腕の力がほとんど要りませんたのしい

前腕もほとんど握らなくても

ヘッド部分がひかかってくれるので

すっぽ抜ける心配もありませんニヤリ

クラブを振るというよりも

体幹の回旋だけで腕を振るという感覚で練習できます1

この力を抜いたスイングができることがまず一つキラキラ

そして重要なのが

ハンドファーストで振った時の

各関節の深部感覚の学習です偉い人

通常再生のスピードでは分かりにくいですが

これをスローにすると多くの人がハンドファーストで振れています晴れ

持ち直すとこれができていなくて

インパクトでハンドレイトになってしまいます苦笑

この違いを脳に教えてあげることが狙いなのですナイスグッド

持ち直してもヘッドの重さと遠心力を利用して

ハンドファーストで振れるように

繰り返して関節の正しい位置を学習しますたのしい

関節の位置や運動を脳に教えてくれる器官は

固有受容器といいますYonda?

以前に小難しい記事を書いた覚えがあるので

興味のある人は是非aya

今日のおやつは頂いたクッキーですakn


================================



ゴルフ ブログランキングへ