肩峰下インピンジメント


右肩を痛めてしまった。

・・・不覚354354
常に痛いのではなく手を挙げる時に痛いのである。

そして一回痛いとその後はじっとしてても締め付けられるような痛みあせる
肩峰下インピンジメントと思われる。

簡単に説明すると,肩甲骨の屋根になる部分と上腕骨の頭でできる第二肩関節といわれるところが狭くなって,間にある組織を損傷するというものである。

間にある組織は肩峰下滑液包やら棘状筋やら上腕二頭筋長頭やらいろいろ・・・

肩を動かした時に特有のクリック音がする。

狭くなる理由もたくさん考えられて,

肩関節を包む関節包の後ろ部分が硬くなって上腕骨の頭が前上方に偏位したり,

手を挙げていっても肩甲骨が動かなかったり,

上腕骨の頭についてる筋肉が上手く働かなかったりなどなど・・・



いつも肩痛の患者さんに

口酸っぱく言っているセリフが頭の中に流れてくるのである。

自分の言葉なのになぜか耳が痛いのである・・・ショック!

でも,どこで痛めたのだろう???

アドレスからトップまでは肩関節は外旋位にあるし,

インパクトは下垂してるし,

フォローはリスクがあるけど胸椎の伸展が代償するし,そこまで三角筋が緊張しない。

知らず知らずのうちに三角筋が硬くなって日常的に痛めたのかな・・・あせる

いずれにしても早く治さなければ,

明後日はミニゴルフのコンペなのである。

初参加でべスグロを目指すのであるメラメラ