体幹×ゴルファー


体幹に関する記事はたくさん書いてきましたが

やっぱりゴルフは体幹なんですねakn

ひとつ間違えると腰痛と関係してくるし

飛距離が出ないという悩みをお持ちの方も

やっぱり体幹ですpeace

体幹を見直さなければ

上達のしようがありませんバランスボールに棒人間

これはプロやシングルハンディの方のスイングと

腰痛やスコアで悩んでいる人のスイングを比較すると

明確に違いが分かりますごるふ

アドレスだけみても分かりますナイスグッド

後方から見た時に背中が丸まっている人は

そもそも姿勢を正そうとする意識がない人です苦笑

腰が反り過ぎてお尻が出てる人は

姿勢を正そうとするばかり

腰の筋肉ばかり使ってしまう人です苦笑

正しくは前を向いて立った時に

お腹を凹ませ下腹部に少し緊張が入った状態で

膝と股関節だけを少し曲げて

身体を前傾させることですakn

そして正面から見た場合・・・

最近のレッスン書には

少しビハインド・ザ・ボールの状態キラキラ

つまりボールを後ろから見るように

背骨が少し右に傾くような状態が正しいと

なっていますpeace

こうすることでインパクトの姿勢と近い状態になり

左に突っ込みにくくなるキラキラ

ヘッドが抜けやすくなるキラキラ

ボールがつかまりやすくなるキラキラ

結果的に飛距離が出るキラキラ

などのメリットがあることが考えられます1

それでも重心は中央からさほどずれていないし

背骨は真っ直ぐになっていますおー!!

これもお腹が凹んでいないと

真っ直ぐにはなりませんにっしっし

お腹を凹ませずに背骨だけ傾けるのは危険ですsei

このお腹を凹ませる筋肉のことを

腹横筋といって

腰痛のリハビリテーションで

これを鍛えない理学療法士はいない程

重要な筋肉です1

この腹横筋を鍛えるエクササイズを行うと

ほぼ自動的に

骨盤底筋群キラキラ

横隔膜キラキラ

多裂筋キラキラ

といった体幹のインナーマッスルが鍛えられますpeace

これらはセットなんですたのしい

重要なことは骨格に歪みがあると

これらの筋肉が上手く働かないということですはっ

ゴルフは一方向性のスイング系スポーツですので

身体の動かし方だけでなく

実際に身体が一方向性に偏りますじっ

これを予防するためにも

インナーマッスルを鍛えることは重要となりますバランスボールに棒人間

アウターマッスルとしては

腹斜筋や広背筋という

身体を回旋させる筋肉が重要ですごるふ

これらも体幹の筋肉なんですナイスグッド

そして肩甲骨を動かす

菱形筋や前鋸筋なども体幹の筋肉です1

コンディショニングは各関節で行う必要がありますが

やっぱり体幹に重きが置かれることは

間違いありません!!

そして体幹が改善されれば

腕や脚の動きも良くなりますニヤリ

結果的に腰痛も飛距離もスコアも良くなりますにっしっし

そして

体脂肪が減少するwarawww*

ウエストが細くなるwarawww*

という副作用もあります晴れ

体幹トレーニングキラキラ

是非皆さんもやってみてくださいakn




=================================