トレーニングの基本


ゴルファーの皆さん

トレーニングしていますかクェスチョン

最近はゴルファーもトレーニングの

必要性が叫ばれるようになってきましたやった


がっつりウェイトトレーニングをやる人も

小さな負荷でも効果のあるバランス系トレーニングをやる人も

やっぱり基本は体幹ですよねpeace




最近セッション中によく聞く声で

『トレーニングのやり方を間違えていました』キラキラ

『こういうトレーニングがやりたかった』キラキラ

ということがありますきゃっ

どう違うのか・・・偉い人

例えば太ももの前の筋肉を鍛えたいとしますふいーん

多くはマシンやチューブで膝を伸ばすトレーニングをしたり

スクワットやランジをしたりするかと思います汗

間違っていませんびっくりまーく

ただ『体幹』を意識するというところは

口すっぱく言わせていただきます燃える

同じスクワットでも骨盤の傾斜だけで

太ももの前の筋肉を使うか

後ろの筋肉を使うかが違いますおどろき

さらに右荷重か左荷重かも効果に大きく差がでますなにもない

太ももの前の筋肉は同じように大きくなるかもしれませんが

要は筋肉をどう使いたいのかが違いますナイスグッド

せっかくトレーニングをしても

プレーに活かせなければ意味がありませんズバリ




トレーニングをするなら

競技特性に合わせたプログラムにすべきですよね

プログラムの中身も正しくできることが大切ですキラキラ

もちろん、その前になぜこのトレーニングが必要なのか?おまめ

膝のぐらつきを抑えたいのかなにもない

飛距離を出したいのかなにもない

インパクトを強くしたいのかなにもない

といったことを考える必要もありますpeace

=================================

ブログランキング