ストレッチポール®の重要なポイント


コンディショニングの定番ツール

ストレッチポール®ですが

よくインナーマッスル強化だと言われます1

もちろんバランスバールやバランスマットなどのように

不安定性や外乱刺激を与えて

インナーマッスル強化に使うこともできますナイスグッド

ただ、ストレッチポール®はもっと奥が深いことを

強く言いたいと思います!!

バランスボールやバランスマットとは

全く違う理由がありますpeace


それは

『アライメントを整える』キラキラ

ということです

アライメントとは骨の位置関係のことを言います1

例えば骨盤であれば3つの骨から構成されていますたのしい

この3つの骨の位置関係が崩れていることで

インナーマッスルの使われ方が変わってきます注意

ドローインなどの呼吸エクササイズが

テレビや雑誌で多く紹介されていますが

骨盤の歪みがある状態で行うのと

整った状態で行うのでは

効果に差が出てしまいますムンク(バック白)

場合によってはアウターマッスルが働き過ぎて

うまく動作が行えないということも出てきますsei

インナーマッスル強化の前に

まずはアライメントを整えることが

必ず必要になりますpeace

そのためオススメの順番としては

①ストレッチポール®で関節の歪みを整えキラキラ

②ドローインでインナーマッスルの使い方を覚えキラキラ

③バランスバールなどでアウターとインナーを正しく使うキラキラ

ということです♥akn♥

RIPS!!ではこの順番を絶対に守ってセッションを行っていますバランスボールに棒人間

もちろん体幹だけでなく全身で同じことが言えますわーい

どの関節でも対応できますpeace

どーんとこーいwarawww*


=================================