ゴルフコンディショニング【胸郭】


胸郭というのは一般的にはあばら骨の部分ですね透視

背骨の上の方ととあばら骨と胸の骨を合わせて胸郭といいます1



この胸郭の運動は息を吸うとあばら骨が上の方に持ち上がり

息を吐くと下がってきますたのしい

また身体をまわした時・・・

例えばバックスイングでは右の胸郭は上に持ち上がり

左の胸郭は下がりますキラキラ

逆にフォローでは右の胸郭が下がり

左の胸郭は上がりますキラキラ




この運動・・・

多くのゴルファー・・・

特に腰痛持ちの方・・・

制限されています泡輪



説明します1

この現象はチェストグリッピングと呼ばれ

原因は腹筋が強く働き過ぎることとされていますムンク(バック白)

特に外腹斜筋という斜めの筋肉が問題です注意

しかも左側に著明に表れます苦笑

インパクト以降

身体の回旋運動にはブレーキがかかるはずです交換

そのブレーキの役割は左の外腹斜筋が働きます急ぐ

左の外腹斜筋が緊張すると左の胸郭が下がりますあせ3

しかしフォローでは左の胸郭は持ち上がる必要がありますはっ

ここで矛盾が生じますね顔文字

胸郭は上に持ちあがろうとしているのに

筋肉がそれを止めようとしていますsei

大事なのはこのブレーキが柔らかくゆっくりとかかること1

急ブレーキはダメなのですsao☆

急ブレーキをかけ続けると外腹斜筋は硬くなりますカチコチ

そうすると息を大きく吸っても胸郭が持ち上がらない

という現象が起きます(チェストグリッピング)泡輪

チェストグリッピングは体幹のインナーマッスルの機能を

弱めてしまいますsao☆

そうすることで骨盤や腰の骨がグラグラになったり

背中の筋肉が過度に緊張したりして

腰痛が起こるということが考えられます凹む

さらに、チェストグリッピングは肩甲骨の動きを悪くします交換

肩甲骨が動きにくくてトップやフィニッシュが取れないという方が

たっくさんみえますsei

肩甲骨について後日書きますが

まずは胸郭のコンディショニングをすることをオススメしますナイスグッド

お気づきの方もみえると思いますが

腰痛予防はパフォーマンスアップにつながるのですpeace





さて、ではどのように胸郭の

コンディショニングをすればよいのか・・・ニヤリ

一番大切なのは外腹斜筋が

常に緊張している状態を抑えること1

そして下後鋸筋や肋間筋という

胸郭を持ち上げると考えられる筋肉を

鍛えていけばいいわけですねpeace

一番簡単なのが胸式呼吸で胸をいっぱいに拡げること1

ろっ骨のストレッチもいいですね♥akn♥

ストレッチポールを使うとなお良いですキャッ*m

そしてなんといってもインナーマッスル強化ですpeace

チェストグリッピングやインナーマッスル強化に関しては

当ブログ内検索やRIPS!!ホームページを参考にしてくださいaya

もっと詳細を知りたい方はRIPS!!までご連絡くださいaya

================================

ブログランキング

RIPS!!ホームページ

RIPS!!フェイスブックページ

中村塾フェイスブックページ