カラダノシクミ⑦


ついつい忘れがちなこのシリーズキラキラ

今回は関節について浅ーく書きますナイスグッド

関節とは骨と骨のつなぎ目のことを言いますピース

ご存じですねwarawww*

関節には形状があって

この形状によって関節の可動範囲が決定されます電球



たとえば

肩関節は球関節と呼ばれ

ボールとソケットの形状をしております球

そのためより大きな範囲で動かすことができますわーい



肘関節は蝶番関節で

伸ばしたり曲げたり一軸の運動しかできませんたのしい

このように関節は骨の関節面により運動方向が決定されます1

簡単にいうとレールの役割があるんですねわーい

筋肉が方向を決定すると思う人もいますが

筋肉はたくさんあって

いろんな方向から引っ張り合っています綱引き

たまたま関節面というレールの方向と

同じならばいいですが

多くの筋肉はそうではありませんあせ3

一つの運動に対し一つの筋肉というわけでもなく

一つの運動にはたくさんの筋肉が動員されます電球

それぞれの筋肉の張力が合わさって

一方向への動力となっていますナイスグッド



もうひとつ運動方向を決定する因子としては

靭帯と関節包がありますキラキラ

これらは筋肉よりも伸びにくく

関節が外れないように支持する役割を持っていますナイスグッド

そして筋肉の張力が斜め方向になってしまっても

骨と骨がレールの上を走れるように

脱輪するのを防いでいますキャー

靭帯が緩くなったり緊張が強くなったりすると

運動方向が異常になってしまい

傷害を来たす可能性がありますがーん

このように可動範囲の多くは

関節面と靭帯によって制限されます1

つまり関節面の変形などでは可動域は狭くなる可能性がありますあせ3

無理にストレッチをして関節面にダメージを与えるのは良くありません泣き3

ストレッチはあくまでも筋肉を柔軟にして

緊張バランスを整えると考えた方が良いでしょうわーい

関節が痛くなる無理なストレッチは推奨されませんsao☆

とりあえずここまで

関節はたくさんあって一概にこうだとは言えず

それぞれの関節について深くみていく必要がありますぺこり

また追々・・・warawww*

================================

ブログランキング

RIPS!!ホームページ

RIPS!!フェイスブックページ